TPO MEMBERS

連雲港

連雲港の名前は連雲港の近海にある連島と江蘇省で最も高い地点である南雲台山から由来した。1680年代清朝廷が外国との交易のために開港した4つの港の一つだ。名前ぐらい魅力的な川とその川岸に落ちる夕焼けが非常に美しい。美しい風景の港町を見たいなら連雲港に行ってみよう。

位置
中華人民共和国江蘇省の地級市
面積
7,444km²
人口
44,740,000人(2015)
貨幣
人民元/中国貨幣
言語
中国語
気候
気候は海流の影響で温和で、年平均気温は14℃、年間降水量は930mm。市は一般的に平地だが、西側は山地が位置している。
lianyungang 中国
Huoguoshan
連雲港市の代表的な観光名所。広大な自然と古風な遺跡建物が調和して連雲港だけの妙な雰囲気が漂う。時期により動物に会える幸運もあるので、周辺をよく見回して歩いたほうが良い。暗いトーンの建築物と山の調和が妙な感じがする所だ。話がつまっているところなのであちこちでガイドツアーをする旅行客も珍しくない。

Zaihaiyifang Park
連雲区の端にある公園。川岸に密着していて広々とした川を見ながら散歩を楽しむことができる。時期により異なるが、屋台の食べ物や小物を売る露天商も結構あって見物する面白味がある。そよとそよと吹く川風を吸い込み、広く位置した階段をゆっくり下りて長い砂道をそっと踏んでみよう。

住所中国 Jiangsu Sheng, Lianyungang Shi, Lianyun Qu, 海滨大道

Dayishan Scenic Area
連雲港市の内陸側に位置する公園で、周辺はかなり繁華なところだ。中国の象徴である赤色の建築物が位置している。また、金色の大きな仏像を見れば、このように大きな仏像をどのように作ったのだろうかと思う好奇心が起きる。Dayishan Scenic Area周辺にアジアレストランと海産物専門食堂が並んでいるので一緒に楽しんでみるのも良いだろう。

Huanghai road
Huanghai roadを歩いていると、有名ショップが見えてくる。オーストラリアの有名なアパレルのジーンズウエスト、スポーツ衣類店のナイキ、アディダス、ノートパソコンで有名なレノボなど。探すのも難しくない。あちこちを足が痛くなるまで歩き回る必要がなく、Huanghai roadに一直線に立ち並ぶ多様な商店の物品を安くショッピングすることができる。

Lianyungang Antique Market
Lianyungang Antique MarketはPeople Vegetable Marketの向い側の市場だ。周辺に多様な食堂を挟んでいるこの市場は、連雲港地域の現地物品を購入するのに適切だ。連雲港だけのアンティークなアイテムだけでなく、衣類売場Fugui、Abioなどが一緒にあり、マルチショッピングをするのにこの上なく良い場所だ。

Lianyungang Haitou Comprehensive Market
他の市場に比べて比較的閑静なところに位置する市場だ。川に沿って続く川岸と隣接しており、ショッピングを終えて散歩するのにも良い位置だ。周辺に食堂が多くないが、一度ぐらいは食堂の作られた食べ物ではなく、市場で材料を購入した後、現地の食べ物を作って食べてみるのも忘れられない経験になるだろう.

Lebei'er Amusement Park
似た種類のテーマパークであるWan Laiwanqu Amusement Parkと車両で約6分の距離に落ちている。 徒歩に移動するにも負担がない距離だが二ヶ所を全部訪問するよりは好みに合わせて選択した後訪問するのを推薦する。 レヌィンガンシの内陸中心部に位置して川岸よりは比較的閑静な場所だ。

Lianyungang Port
ここの港はいたって静かだが、知ってみるとこの港を通じた旅行がとても楽しい経験だ。現在は大韓民国仁川と江蘇連雲港の間に一週間に二便ずつフェリーが通っていて、詳しい内訳はホームページのフェリー時刻表を参考にすることができる。

連雲港フェリーホームページ:http://www.lygferry.com/html/index.jsp