TPO MEMBERS

ウラジオストク

ウラジオストクは平穏な港町の姿だが、過去ロシア最大の貿易港であり数多くの愛国の志士が活動した独立運動の中心地として知られている。今は「東方を征服せよ」という意味が見慣れなく感じられるほど平穏な港町の姿だが、9288kmを走るシベリア横断列車がここから伸びていく。

位置
ロシア沿海州地方に位置する港湾都市。
面積
600km²
人口
598,927(2012)
貨幣
ルーブル(RUB)
言語
ロシア語
気候
典型的な大陸性気候。非常に寒くて長い冬と短くて涼しい夏がある。冬はマイナス15度以下に下がる。
Vladivostok ロシア
中央広場 Central Square
革命戦死の銅像が視線を圧倒する中央広場は、旅行客をはじめとして散歩を楽しみに出てきたウラジオストク庶民のゆとりがある憩いの場の役割をしている。ソビエト政権のために戦った兵士を称えるための銅像なので、革命戦死広場とも呼ばれる。広場で休息を取る庶民の平穏さと昔のロシアの厳粛さが同時に感じられる所である。

住所Central Square, Vladivostok

C-56潜水艦博物館 C-56 Submarine Museum
軍事大国であることを誇るように第2次世界大戦当時実際に投入された潜水艦をそのまま博物館に改造した。ウラジオストクは昔ロシア海軍の極東基地の役割をした所なので、都市のあちこちで当時の跡を見つけることができるが、この雄壮な潜水艦もその一つである。潜水艦の狭い入口に入れば、当時外部を観察した望遠鏡と通信室、海軍のキッチンと船長の寝室まで観覧することができる。

住所Korabelnaya naberegnaya(Ship quay), Vladivostok 電話7-423-221-67-57

アルセーニエフ自然歴史博物館 Arsenyev Museum of Natural Science
ロシアの有名な旅行家であり探検家であったアルセーニエフ(Arsenyev)の名前を取った郷土博物館である。ウラジオストクで最も規模が大きい博物館であり、沿海(Primorsky)地方で最も古い博物館で1890年に開館した。自然、民族学、考古学に関連した展示をしながら剥製動物、植物標本集を含めて概略20万点以上の展示品を所蔵している。

住所20 Svetlanskaya Str. Vladivostok 電話7-4232-41-40-8

クレバーハウス Clever House
ウラジオストクで最も規模が大きいデパートでセメノフスカヤ(Semenovskaya)通りとアレウツカヤ(Aleutskaya)通りが接する地点にある。地下には大型スーパーマーケットがあるが、小さなプレゼントやサーモンのくん製、キャビア、ロシアチーズなど普段簡単に接することのできないロシア製品を多様に購入することができる。特にウォッカ販売陳列台が別にあるほど数十のローカルブランドウォッカがあって選ぶ面白味もある。

住所Semenovskaya St., 15, Vladivostok

ロディナ Rodina
クレバーハウスショッピングセンターの向い側にあるショッピングセンター。ロディナはアンティークインテリア家具やガラス工芸、手工芸記念品などを販売するショッピングセンターである。1階には古風な雰囲気がいっぱいのアンティーク装飾品ショップがある。ロシアの色彩が強い物が多様にあり、見物するだけでも興味深い空間である。

住所Aleutskaya St.. 31, Vladivostok

チャーチルタバコ Churchill Tabacco
ヨーロッパの大部分の都市が公共建物で禁煙を施行するのとは異なり、まだロシアは愛煙家が多い。ホテルを含めて大部分のレストランと公共場所に喫煙席があり、容易にタバコを楽しむことができる。チャーチルタバコはロシアタバコを含めてキューバ産のシガーまで世界中のタバコブランド製品を購入することができ、旅行客と現地人皆に人気が高い。

住所8 Admiral Fokina Ul, Vladivostok

アムールスキー浜辺(Amursky Bay)を散策する
アムールスキー浜辺に沿って造成された約2kmのメイン散策路。ウラジオストクのロマンを経験するのに最も良い場所である。ここを中心にカフェ、レストラン、バー、劇場が集まっていて現地人と旅行客がよく訪れる。特に、日が沈む頃ロマンチックな照明がつけば、昼間とは違った恋人たちの通りに変貌する。マリンスポーツを楽しむ人々と浜辺を散策する人々、そして散策路でデートを楽しむ恋人たちと記念写真を撮影する旅行客がいっぱいである。

鷲の巣展望台(Orlinoe Gnezdo)に上がる
ウラジオストク市内の全景を一望できる展望台(海抜191m)。都心から自動車で約15分の距離にある。昼間は古い灯台の向う側に軍艦と海が広がる都市を見下ろすことができ、夜は混雑したネオンサインの代わりに民家の灯がぽつりぽつりついている美しい夜景を鑑賞することができる。ここは結婚式の場所とウェディング写真の撮影地としても人気が高いが、週末になるとドレスとタキシードを格好良く着た結婚前のカップルの姿を容易に見ることができる。

陶磁器工芸品を購入する
ロシア陶磁器は‘White Gold’と呼ばれるほど粒子が繊細で光が美しいのが特徴である。サンクトペテルブルクでエリザヴェータ皇后によって設立された皇室所有の陶磁器会社であるロモノーソフ・ポーセレン(Lomonosov Porcelain)が最も有名で、ロシアでは多様なブランドの陶磁器工芸を購入することができる。

住所Russian ceramics are delicate and contain beautiful shines, called ‘White Gold’. Established in Saint Petersburg by Queen Elizabeth and owned by the royal palace, Lomonsov Porcelain is world famous, and onecan come across many different kinds of ceramic c

Russian ceramics are delicate and contain beautiful shines, called ‘White Gold’. Established in Saint Petersburg by Queen Elizabeth and owned by the royal palace, Lomonsov Porcelain is world famous, and onecan come across many different kinds of ceramic c