TPO MEMBERS

コタキナバル

コタキナバルは海洋リゾートとキナバル自然公園の関門都市である。よくKKと呼ばれ、世界的な休養観光都市として名声が高い。地理的に熱帯地方だが、山と海が調和した特有の自然景観のおかげでここを訪れる旅行者は毎年急増している。

位置
マレーシア・サバ州の州都で、ボルネオ島の北に位置する。
面積
351km²
人口
457,326(2015)
貨幣
リンギット(MYR)
言語
マレー語
気候
典型的な赤道気候地域。年中平均気温は21~32度。時々雷雨を伴う梅雨が11月から2月、そして4月から10月まで二度ある。
Kota Kinabalu マレーシア
リカスモスク Likas Mosque
青いドームのためにブルーモスクという別称があるリカス市立モスク。コタキナバルで最も有名なイスラム寺院で、黄金色の装飾と白い外壁、周辺を囲んだ湖が青い澄んだ空と交わって神秘的な感じを醸し出す。入場時間が制限されており、内部を見物するには入口で服を借りて着替えなければならない。スリッパや半ズボンは厳格に制限される。

住所Likas Bay, Kota Kinabalu

サバ州立モスク Sabah State Mosque
黄金色模様に装飾されたドームが印象的なモスクで、観光客には相対的にあまり知られていないところである。他のモスクと同じように服をレンタルして着替えて入場し、入口で手足を洗って入らなければならない。本来、ここは州立モスクで、リカスモスクと混同して使う場合が多いので注意しなければならない。

住所Jalan Tuanku Abdul Rahman, Kota Kinabalu

シグナルヒル展望台 Signal Hill Observatory
コタキナバルの市内と海を含んだ全景が見下ろせる展望台である。派手ではないが、色とりどりで素朴なここだけの姿を一望することができる。特に、夕陽と夜景が美しいことで有名で、市内から遠くなく、ゆっくり歩きながら散歩した後、全景を鑑賞するのに良い。展望台と小さい売店がある。

住所Jalan Bukit Bendera, Kota Kinabalu

センターポイントサバ Centre Po
コタキナバルは市内の規模に比べてショッピングセンターが多いほうだが、センターポイントはその中でも最も古い歴史を持つ所である。現地の人々が主に利用しながら、市内中心部に位置し、方向を定めて道を探す基準点にするにも良い。何よりもエアコンがよくきいている室内を見回すだけでも幸せである。

住所No. 1, Jalan Centre Point, Kota Kinabalu

セントラルマーケット Central Market
浜辺のすぐそばにある市場で、水産物から果物まで食べ物が豊富である。現地の人々が主に利用するマーケットで、食べ物を食べたり買うために出てきた人々が多い。果物が安いので、暑いときに新鮮な果物を食べたりフルーツジュースを飲むのに良い。ウォーターフロント地域にも近くて連携観光するにも良い。

住所Jalan Tun Fuad Stephens, Kota Kinabalu

スリア・サバ Suria Sabah
現地の人々が主によく訪れるショッピングモールで多様なブランドが入店している。物価を考慮すれば、特にショッピングを楽しむのは大変だが、F.O.Sアウトレットやヴィンチなどで安い物を選ぶには良い。また、フードコートも有名で浜辺を眺めながら食べ物を楽しむことができる。特に、夕陽が沈む頃が最も美しく、夕方は旅行者で非常に込み合う。

住所1 Jalan Tun Fuad Stephens, Kota Kinabalu

ウォーターフロントで夕陽を見る
コタキナバルの夕焼けは世界3大夕陽に選ばれるほど美しい。その中でも夕陽を最もロマンチックな雰囲気で鑑賞できるポイントとして有名な所の一つがウォーターフロントである。どの位置からもビューが大きく異ならないので、食べたい物によってレストランを選べば良い。但し、暗くなる前に到着しなければ、良い席に座れない場合があるので注意しよう。

キナバル山(Mt. Kinabalu)に登る
東南アジアで最も高い峰を持つマレーシアの世界文化遺産。市内から車で1、2時間の距離に位置する。しっかりと登山道具を備えて数日の日程で頂上を征服しても良く、日帰りコースを申し込んで山の生態系を体験しても良い。個別的に登るのは難しいので、必ずツアー申込を通じて登らなければならない。

トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園(Tunku Abdul Rahman National Park)を遊覧する
マレーシア初代首相の名前を付けたこの海洋公園は、サピ、マムティク、マヌカン、ガヤ、スルグの5つの島から成るところである。港で小さいボートに乗って10~20分程度海を走れば、真っ青で透明な海と輝く浜辺がある美しい島が訪問客を迎える。数多くのアクティビティーを体験することができ、特徴が少しずつ異なるそれぞれの島を比較する面白味もある。