TPO MEMBERS

江陵

朝鮮半島の腰である太白山脈の東中央に位置する。海岸および山岳地域を含んでおり、海岸型と内陸型を兼ね備えた立地的要件を備えている。優れた歴史的文化資源と天恵の観光資源が豊かな都市である。

位置
江原道嶺東地域の中央部にある都市。
面積
1,040km²
人口
214,956(2015)
貨幣
ウォン(KRW)
言語
韓国語
気候
江陵は温暖湿潤気候に属する。また、江陵は東は東海と接しており、海洋性気候に近い特性を示す。
Gangneung 韓国
烏竹軒 Ohjukheon
1963年に宝物第165号に指定された烏竹軒は、韓国の代表的な母親像である申師任堂と彼女の息子である李珥が生まれた由緒あるところである。当代最高の人物であったことを証明するように世界で最初に母子が並んで貨幣に登場した。草の葉一枚、文字一つからさらに深い意味が感じられる。

住所24, Yulgok-ro 3139beon-gil, Gangneung 電話82-33-660-3301

松香樹木園 Solhyang Arboretum
樹木園が造成された地域は江陵地域の代表樹種である金剛松をよく育ててきたところで、天然の森本来の姿をそのまま収めている。また、龍沼ゴルとして2つの滝壷が位置しており、きれいな渓谷の水が流れる清浄な地域である。1,004種の植物で造成されている。

住所92-177, Gujeongjungang-ro, Gujeong-myeon, Gangneung 電話82-33-660-2320

江陵統一公園 Gangneung Unification Park
統一公園は海が一望できる138,600㎡の敷地に立っている1,004㎡の統一安保展示館と約13,000㎡の空間に設置された艦艇展示館からなる。統一公園は清浄な東海、海岸の秀麗な景観、日の出など見どころが多い。

住所Gangdong-myeon, Gangneung

江陵中央市場 Gangneung Cen
江陵市民はもちろん、東海岸圏の住民たちの足が絶えず、嶺東圏流通の中心地に定着している。江陵中央市場は江陵の歴史と肩を並べるほど古い。在来市場と地下水産市場に分かれる。地下水産市場では新鮮な水産物を味わうことができる。

住所21, Geumseong-ro, Gangneung.

玉渓5日市場 Okkye Market
1910年以前からすでにその歴史が始まった5日市場。毎4、9日ごとに開かれる玉渓市場で取引される品目は、現下着ニンジン、ニンニク、山菜、唐辛子、ヒラタケなど大部分が家で育てた農産物を買うことができる。東海で獲りたての新鮮な海産物、草取り鎌、鎌、鍬などまだ農夫に頼もしい働き手になってくれる農器具など多様である。

住所Okkye Market, Gangneung

注文津水産市場 Jumunjin Fish Market
値段が安くて新鮮な魚と刺身がいっぱいの市場。水産市場前の道路の両端に立ち並んでいる商店街は水産市場繁栄会所属ではないが、水産市場を共に形成している。道路辺の商店街が何と70店舗余りに達する。

住所38, Sijang-gil, Jumunjin-eup, Gangneung

ハスラアートワールド(Haslla Art World)を見回る
自然環境を最大限利用したハスラアートワールドは丘の上に位置する芸術文化空間で、人間、芸術、環境が共存する庭園など多様なテーマの散策コースが造成されている。着る美術、食べる美術、動く美術などの独自に製作された頭脳開発プログラムがある。

バリスタクルーズ(Barista Cruise)遊覧
全乗務員がバリスタ出身で構成され、東海を遊覧する最初の動く船上カフェクルーズ遊覧船。厳格になった沿岸旅客船安全管理規定を完璧に通過して建造された最初のクルーズ遊覧船である。東海の絶景をロシア舞踊家の公演舞台とライブ歌手の甘い音楽と共に鑑賞することができる。

正東津(Jeongdongjin)日の出鑑賞
朝鮮時代、漢陽の光化門から正東の方角に位置する浜辺として「正東津」と呼ばれた。ドラマ「砂時計」のロケ地として知られ、思い出とロマンを追い求める人々の足が絶えない。夜景と日の出が逸品である。