TPO MEMBERS

ジャカルタ

東南アジアの新しいハブ
かつてジャカルタは東南アジアのヨーロッパと呼ばれた。大航海時代にオランダに支配されてヨーロッパの文化が流入したためである。最近ではマッサージ、ゴルフ、ナイトライフ文化も大きく発達して旅行者に注目されている。東南アジアを経て世界へ進む空の道の新しいハブとして急浮上したのも目を引く。

位置
ジャワ島の北西に位置する都市でインドネシアの首都。
面積
740.28㎢
人口
10,135,030(2015)
貨幣
ルピア(IDR)
言語
インドネシア語
気候
典型的な熱帯気候地域でジャカルタの年平均気温は32℃~33℃に達する。季節は大きく乾季(4月~11月)と雨季(12~3月)に分かれる。
Jakarta インドネシア
ムルデカ広場 Merdeka Square
独立記念塔を中心に造成された大型広場。独立広場とも呼ばれる。中央のモナスを中心に放射線上に広くのびているのが特徴。インドネシア独立の英雄の銅像をはじめとして55の噴水、芝公園、自転車道路などで構成されている。広場の平和な風景は広場のすぐ外にあるぎっしり詰まった道路と対照をなす。

住所Medan Merdeka, Jakarta

モナス Monas
ムルデカ広場の中央にある国家独立記念館。ジャカルタ観光の核心で市内の中心に位置している。1945年8月17日のインドネシア独立を記念して建てられた。陰を意味する正方形の平たい磐石の上に陽を意味する塔を調和するように建てた。ここの観光の白眉は塔のてっぺんにある黄金の炎。地下には博物館が位置する。

住所Jl. Silang Monas, Jakarta 電話62-21-382-2255

インドネシア国立博物館 National Museum of Indonesia
インドネシアの歴史が総網羅されたところで1862年に完工した。1868年正式にオープン、大規模なインドネシアの芸術品と考古学遺物を展示している。そのうち、1891年に発見されたジャワ原人の頭蓋骨とタイの国王がプレゼントした青銅の象が最も人気がある。インドネシアの考古学、先史学、歴史学に関心が多いならば必ず立ち寄りたいところである。

住所Jl. Medan Merdeka Barat No. 12, Gambir, Jakarta 電話62-213868172

プラザインドネシア Plaza Indo
東南アジアで名声が高いデパート。ジャカルタ市内中心に通じるモニュメント・サラマット・ダタン(Monument Salemet Datang)に位置し、グランドハイアットホテルと同じ建物にある。1階にはルイビトン、バーバリー、ジミーチュウーなどのブランド店がいっぱいで、2階からは衣類店、電子製品など多様な物を取り扱う商店が多い。EXプラザモール(eX Plaza Indonesia)とつながっていてショッピングの幅が広い。

住所Jl. M.H. Thamrin Kav. 28-30 Central Jakarta

グランドインドネシア Grand Indonesia
プラザインドネシアと道路一本の間に位置した大規模ショッピングモール。大きく東側建物と西側建物に分かれている。主にブランド店が多いプラザインドネシアとは違い、ザラ、フォーエバー21、H&Mなどの中低価格衣類売場が多くて旅行者にも人気が高い。一方、美術作品も展示していてデートコースにも良い。

住所Jl. M.H. Thamrin No. 1, J

パシフィックプレイス Pacific Place
ジャカルタ市内の中心部に位置する最高級ショッピングモール。1階にはブランド店が並んでいて、2階からは20~30代の若年層を狙った衣類売場がいっぱいである。ベントレーなどの輸入車展示場と最高級映画館、子供のためのテーマパークもある。リッツカールトンホテルとつながっていてショッピングと宿泊を簡単に解決することができる。ショッピングもショッピングだが、素晴らしいインテリアをただ眺めるだけでも楽しい。

住所Jl. Jend. Sudirman Kav. 52-53 Sudirman Central Business District, Jakarta

コタ・バタビアを練り歩く
コタ・バタビア(Kota Batavia)はジャカルタで最も古い地域である。オランダ植民地時代にはジャカルタ最大の中心街であった。一時、東南アジアの海上貿易の中心地であった所らしく古風な建物が並んでいる。週末になると、ここを中心に在来市場が形成され、旅行者に大きな見どころを届ける。

スンダ・クラパ港を見回る
ジャカルタの北西に位置するスンダ・クラパ港(Sunda Kelapa Port)はオランダ植民地時代に東インド会社の物資を運んだ所である。防波堤に沿って2kmを超えて大小の貨物船が停泊しているるのが特徴。かなり以前、ここを出入りした西洋列強の帆船を思い浮かべながら、しばらく思索に浸るのも良い。

ジャカルタの銀行の歴史を観覧する
バンク・マンディリ博物館(Bank Mandiri Museum)はインドネシアの銀行の歴史を一目で見ることができる所である。コタ地域の入口に位置する。マンディリはインドネシア最大の民間銀行で、19世紀後半から20世紀初期の銀行形態をそのまま保存している。古い算盤、タイプライター、16ビットパソコンなどの小物は独特の見どころを届ける。