TPO MEMBERS

昌原

昌原は1408年から呼ばれてきた地名である。2010年7月1日、既存の昌原市と馬山市、鎮海市が統合して巨大基礎自治団体に再編された。3市が統合することによって人口と地域内の総生産が増え、慶南の未来都市として注目されている。

位置
慶尚南道の中南部にある市。慶尚南道庁所在地。
面積
736.3km²
人口
1,070,793 (2015)
貨幣
ウォン(KRW)
言語
韓国語
気候
南海沿岸にあって年較差と日較差が少ないほうである。特に冬季が温和である。
Changwon 韓国
馬山アートセンター Masan Art Center
廃墟になった小学校が新しい概念の複合文化空間に生まれ変わった。複合文化空間である「馬山アートセンター」がそこ。都市と隣接しながらも、山と海に近い環境・地理的要件で創作空間、展示室、工房を備えている。

住所361, Paruisa-ro, Jinjeon-myeon, Masanhappo-gu, Changwon 電話82-55-271-5150

注南貯水池 Junam Reservoir
昌原市の東部に位置する貯水池。注南貯水池は鳥の生息に理想的な条件を備えており、3つの貯水池が水路でつながっている180万坪の広大な沼地と葦が自生している島が貯水池の中央にあり、一年中貯水量が一定で冬も水面が結氷しない。自然の驚異を実際に体験することができる。

住所Uichang-gu, Changwon 電話82-55-225-3481

昌原の家 Changwon’s House
昌原の家は約100年前に順興安氏が居住した家である。徐々に都市から消えていく韓国固有の韓屋の消滅を防ぎ、先祖の伝統文化と風習を新しくして青少年の生きた教育の場として活用するために装いを新たにした。無料伝統婚礼式場として開放しており、多くの人々が利用している。

住所69, Sarim-dong, Uichang-gu, Changwon 電話82-55-284-2600

鎮東5日市場 Jindong Marke
毎週4日と9日に立つ在来市場。鎮東市場は釣りで釣り上げた天然の魚と干物がいっぱいで、遠くからもわざわざ買い物をしにくる。身土不二という言葉を思い出さなくても、その地域で取れる旬の水産物と農産物を味わうだけでも郷愁を呼び起こす。旬の身土不二農水産物を一番最初に見ることができる所である。

大同免税店 Daedong Duty Free
大原洞に位置する大規模免税店。総売場面積929,5㎡の規模を誇る。化粧品、香水、健康食品、カバン、時計など33の売場、100以上のブランドが入店している。金海空港、釜山港、仁川国際空港の3ヶ所で引き渡し場を運営している。海外旅行時、便利な免税ショッピングは慶南市内にある大同免税店で利用可能。

住所320, Woni-daero, Uichang-gu, Changwon

ソンジアウトレット Sung Ji Outlet
馬山海雲洞に位置する大規模アウトレット売場。地下3階、地上9階の規模を誇る。衣類、化粧品、食品など110店以上の店舗が入店している。売場の他にもビュッフェ、高級レストラン、ウェディングホール、映画館などが位置する。

住所68, Haeun-dong, Masanhappo-gu, Changwon

古縣(Gohyeon)漁村体験
清浄海域と秀麗な自然景観を誇る古縣漁村体験村は、味と香りが逸品であるエボヤとシロボヤの主産地である。多くの村住民が漁業に従事している。子供野外学習など家族連れ観光客の足が絶えることなく続き、特に清浄海域で獲ったばかりの新鮮な魚で食べる天然刺身の味も逸品である。

倉洞芸術村を見回る
馬山倉洞は近代の歴史と文化芸術、昔の思い出と郷愁が宿ったところである。統合昌原市のスタートと共に馬山旧都心の再生事業として空いた店舗を活用した芸術村が造成された。個性あふれるギャラリーと工房がいっぱいで見どころがいっぱいである。

馬山港の夜景を鑑賞する
馬山港は1898年5月1日に開港して100年を超える歴史を有している。港湾の主な施設は船積み施設として第17埠頭と第3埠頭、発電所埠頭、物量場1,689m、桟橋13基などがある。馬山港の夜景を見るには高いところに上がるのが良い。