TPO MEMBERS

安東

儒教文化の地として有名である。「韓国精神文化の首都安東」というスローガンを使う。河回村、陶山書院など時代別に多様な歴史と文化遺産を収めている。安東は韓民族の精神文化において最も中心に立っている都市である。

位置
慶尚北道中北部に位置する都市。
面積
1,519km²
人口
182,098(2000)
貨幣
ウォン(KRW)
言語
韓国語
気候
温帯気候に属する。年較差が激しく、霧が年間73日と多い。
Andong 韓国
河回村 Hahoe Village
安東を代表する名所。代々豊山柳氏が住んできた村である。朝鮮時代の学者である柳雲龍先生、柳成龍先生の出身地として名声が高い。洛東江がこの地域で村を包み込むように回って流れるとして「河回」という地名がついた。特に、河回仮面が有名である。

住所63, Hahoenamchon-gil, Pungcheon-myeon, Andong 電話82-54-852-3588

陶山書院 Dosan Seowon
この書院は退渓李滉先生の精神を継承した書院である。李滉は1561年に陶山書堂を建設し、学問研究と人格を図った。李滉が他界すると、文人たちの発議によって書堂があった場所に書院を建設することにした。1574年から書院を建て始めて1576年に完工した。

住所154, Dosanseowon-gil, Dosan-myeon, Andong 電話82-54-840-6576

鳳停寺 Bongjeongsa Temple
鳳停寺は新羅文武王12年に能人僧侶が建てた寺院。岩窟で修業に励んでいる間、僧侶の道力に感服した天上の天女が天から灯を下して窟の中を明るくした。その後、さらに修行した能人僧侶が道力で紙の鳳凰を折って飛ばすと、ここに鳳凰が留まったとして鳳停寺になった。

住所222, Bongjeongsa-gil, Seohu-myeon, Andong 電話82-54-853-4181

安東旧市場 Old Andong Mar
安東市にある在来市場。安東地域は慶尚北道の内陸地方にあり、海から水産物が入ってくる期間が長いので、塩漬け法による安東塩サバなどを取り扱う魚市場が発達した。鶏肉を材料にして鶏の丸揚げと鶏肉と野菜の蒸し物食堂、クッパ店、麦ご飯店、天ぷら商店が多い。

住所184-4, Seobu-dong, Andong

中央新市場 Central Market
1946年7月、常設市場として承認された。小規模で営業してきたが、1962年に安東が市に昇格し、より大きな流通施設が必要になることによってアップグレードされた。主に唐辛子をはじめとする農産物、干物、反物屋などが主流をなす。安東だけでなく慶尚北道北部地域の中心商圏の機能をしている。

住所285-1, Ogya-dong, Andong

豊山市場 Pungsan Market
安東豊山邑に位置する在来市場。昔の文化が息づいている伝統市場である。多様な郷土物品を購入することができる。山菜、各種苗木、穀類、安東韓牛などを販売する。河回村、屏山書院、安東韓紙工場、豊山韓牛路地(韓牛市場)にも近くて連携観光に良い。

住所59-5, Angyo-ri, Pungsan-eup, Andong

安東国際仮面劇フェスティバル(Andong Maskdance Festival)を楽しむ
毎年秋に開かれる国際的な祭り。安東国際仮面劇フェスティバルは世界中の仮面劇団体がお互いの興を共に感じ、文化的交流を試みる仮面劇人の真の祭りの場である。祭り期間中に韓国の重要文化財指定仮面劇13個が公演され、世界の色々な国の民俗仮面劇、そして民俗祭りと各種付帯行事が開かれる。

安東式鶏肉と野菜の蒸し物(Andong Steamed Chicken)を味わう
「安東」といえば一番最初に思い浮かぶ食べ物。安東から由来した食べ物で、鶏にあらゆる野菜と調味料を混ぜて煮つめた料理である。高温で料理して脂身が少なくて淡泊で、各種材料を入れて多様な味なので誰でも楽しむことができる食べ物である。韓国どこでも味わうことができるが、本場で食べる安東式鶏肉と野菜の蒸し物は非常に特別だろう。

栄養満点虚祭祀飯(Heotjesabap)
安東は儒教文化の本場で祭祀をより崇めたててきたものとして、虚祭祀飯が有名である。「祭祀」とは、先祖を追慕する儀式。普段は祭祀飯を食べることができないので、祭祀料理と同じ材料を用意してビビンバを食べるが、これを虚祭祀飯という。安東市内のあちこちに虚祭祀飯を味わうことができる食堂が多い。