TPO MEMBERS

瀋陽

北京オリンピックは北京だけ浮上させたわけではない。北京が消化しきれない競技進行を中国の地方都市が格好良く成し遂げ、その名前を世界中に誇らしく知らせた。その一つが瀋陽である。瀋陽は昔の中国の首都でもあった。

位置
中国遼寧省の省都で、中国北東3省で一番大きい都市である。
面積
12,942km²
人口
6,037,000 (2015)
貨幣
人民元(CNY)
言語
人民币(CNY)
気候
季節風の影響を受ける湿潤大陸性気候である。夏は季節風のために蒸し暑く、冬はシベリア高気圧のために寒くて乾燥する。瀋陽は四季がはっきりしている。
Shenyang 中国
瀋陽故宮 Shenyang Forbidden City
「中国の首都」といえば自動的に浮び上がる北京。しかし、北京が常に中国の首都であったわけではない。1625年、ヌルハチが清を建国して瀋陽を首都に定めた。1644年に北京に遷都するまで20年間中国の中心の役割をした瀋陽で一番最初に走って行かなければならない所はやはり宮殿である。この宮殿は北京の紫禁城に似ている。

TVタワー Liaoning TV Tower
UFOを連想させるタワーが瀋陽市内のどこからでも見える。遼寧省の地方放送局である遼寧TVのタワーであり、瀋陽を一望できる展望台で、その高さが305mに達する。瀋陽で最も高い建物であるここにはレストランと便宜施設があり、瀋陽のランドマークの役割をする。TVタワーの下の公園で朝夕大極拳と踊りを踊る瀋陽の人々を見物しても良い。

住所1 Caita St, Shenhe, Shenyang 電話86-24-2393-6210

西塔街 Tianta Street
中国にはコリアタウンが多そうだが、実際はそうでもない。瀋陽コリアタウンは最初のコリアタウンである。西塔街に入った瞬間、身近ながらもぎこちないハングルが目につき始める。朝鮮族の村だった所に韓国の飲食店と北朝鮮の飲食店が互いに競争でもするかのように並んでいる。

住所Tianta Street, Shenyang

太原街 Taiyuan Street
太原街は瀋陽最高のショッピング団地である。地上には有名な高級デパートが、地下には東大門市場を連想させる巨大な地下ショッピングセンターがある。ブランドでなければ取り扱わない、中国を代表する高級デパートの下に偽物ショッピングのメッカがあるというのもおもしろい。地下ショッピングセンターでさ迷わなければ、国内に流通する‘Made in China’保税服とアクセサリーを国内よりも安く購入できる機会になるだろう。

住所Taiyuan Street, Shenyang

五愛市場 Wuai Market
地下1階の駐車場を含めた5階建物に5万店余りの売場が入店しており、衣類を基本として日用雑貨、美容製品、皮革製品が主流をなしている。価格が非常に安くて100元なら紳士服、婦人服正装一着買えるほどである。品質面では意見が様々だが、よく見極めればなかなか良い商品を韓国では想像できない価格で買うことができることがあるので、積極的に見回すに値する。一日平均流動人口30万人が密集する所で、市場周辺の道路はもちろん商店街の中にも途方もない人波で足の踏み場がない。それだけ持ち物には注意が必須。あえてショッピングをする計画がなくても、活気に満ちた市場の雰囲気を楽しみながら物見物、人見物する面白味がある。

住所65 Renao Rd, Shenhe, Shenyang

New World Department Store
2012年瀋陽にできた大型デパート。香港で作られたブランドで、登場から高い人気のためにZhonghua Roadに続きJianqiao Roadに一つ本店がさらにできた。若者がよく訪れるトレンディーなデパートである。合計6階のショッピングモールで、地下にはスナックと飲食類、1階から3階までは女性衣類、4階は男性衣類がある。5階にはメンズウェアとスポーツウェアがあり、最後の階は家電製品や家具、子供服がある。

住所3 Jinqiao Rd, Dadong, Shenyang

老辺餃子館(Laobian Jiaozi Dumpling)で餃子を味わう
170年を超える歴史と30を超える種類の餃子で有名な食堂。老辺餃子館は瀋陽で必ず立ち寄らなければならない餃子専門店である。やぼったい雰囲気と餃子の皮の中に感嘆するほどの香ばしくて塩辛い味が隠れている。メニューの上に転げまわる見慣れない漢字を見てとんでもない餃子を選ばないように、基本的な餃子の名前を熟知した方が良い。

ランジュジュロウ(Langjujurou)でマッサージを楽しむ
ランジュジュロウは中国に店が6店もあるフットマッサージ専門店。特に、血気旺盛な若い男女マッサージ専門家たちがわいわい騒ぎながらも明るい雰囲気を作るのが特徴である。気の円滑な交流のために男性顧客には女性が、女性顧客には男性マッサージ師が足の健康の責任を担う。

チュサンロウ(Chusangrrau)でマッサージを楽しむ
チュサンロウは上流階級の人々が行き来するサロンを連想させる。チュサンロウの1階にいきなり人物写真がたくさんん貼ってある。50人近くになる人々はここのマッサージ師で、人物写真を見てマッサージ師を選ぶことができる。存分に接待を受ける気分になりたいならチュサンロウをおすすめする。