TPO NEWS & MEDIA

イベント

第33回海雲台ホッキョクグマ祭り開催
作成日 2019.12.13 ヒット 94
2020.01.04~2020.01.05 場所海雲台







 

202014日、5日の両日に海雲台海水浴場33回海雲台ホッキョクグマりが開催される。

釜山日報主催し、釜山市海雲台後援する海雲台ホッキョクグマりは、毎年入水するスリルを参加者に届け、BBC選定した世界10大異色祭りばれたほど代表する祭りに定着した。

新年の覚悟を決める健康祈願イベントだけでなく、環境保護のための様々なキャンペーンも展開する予定だ。ホッキョクグマ祭りは冬の海を楽しむために、毎年海中水泳マニアたちと5万人の多くの国内外観光客が訪れており、年を重ねるほど韓国人だけでなく、外国人にも口コミや外国人参加者も増え続け、世界的な祭りに発展している。

今回の祭りのプログラムは特別なコンセプトで構成される予定だ。釜山ではなかなか見られない雪を活用してSnow Parkを構成し、観覧客に楽しさを提供する予定で、雪そり、大型雪だるま作り、祭りの熱気を添えるNORAZOの公演で冬の海に入水準備をする予定で、それ以外のプログラムは▲大型ホッキョクグマABR展示を通じて、新年日の出フォトゾーン活用▲国内外の参加者と一般観覧客にホッキョクグマ祭りを知らせるための事前前夜祭行事としてホッキョクグマと共にする特別なイベントであるトダクトダクコンサート▲人間ホッキョクグマのための1km同行水泳大会など多彩に行われる予定だ。

釜山日報の行事担当者は「ホッキョクグマ祭りが釜山の冬を代表する祭りに定着して大勢の観覧客が訪問することを望む」として、「2020年の新年の気運をホッキョクグマとともに冬の海でたくさんの人間ホッキョクグマと一緒に受け取ってほしい」とメッセージを伝えた。

 

参加申はホッキョクグマホムペ(http://bear.busan.com/)1220までけており、参加費2ウォン。 

前へ

第3回中国庭園および花園園芸展示会

次の

済州マノールブラン椿祭り2019