TPO NEWS & MEDIA

イベント

カットバ群島 ユネスコによって認められた世界生物環境保存地
作成日 2019.07.22 ヒット 140
ハイフォン 2019.07.22~2019.07.22 場所Hai Phong




 

 

カットバ群島はベトナム北東部のハイフォン市が管理しており、ベトナム最大の郡島の一つである。カットバは200km2の大きさの様々な大きさで構成された388個の島で構成されており、固有の森、山、多様な渓谷、池、砂堤防、素晴らしい海辺や洞窟があり独創的で、魅力的な群島を形成している。2004年カットバ群島はユネスコによって世界生物圏保護地域に認められた。現在、カットバ群島はハロン湾カットバ群島の世界自然遺産に認められる手続を踏んでいる。

カットバ群島の海水は健康によいミネラルが豊かな水だ。カットバ群島を訪れる観光客は水泳、ヨット体験、カヤック、ランハ湾の美しい珊瑚礁とともに楽しむダイビングに至るまで、多くの野外活動を楽しむことができる。もっと活発で冒険的な活動が好きな人の場合、森に沿ってジョギングをしたり、カットバ国立公園への高い山を登ったり、洞窟を訪れるのも良い。夏の暑さと都市生活の騒音から離れたい人々にとってカットバ群島は最高の観光地だ。また、海の味と文化が溶け込んだ様々な食べ物を食べてみるのも楽しみの一つだ。様々な特色を持つ宿泊施設もカットバ群島で休暇を送る観光客に快適な休息を提供する。

運送インフラがアップグレードされたおかげで、カットバ群島に接近するのが以前よりずっと楽になった。例えば、ハノイからハイフォンに到着するためには、ハノイ-ハイフォン高速道路に乗ってバスで2時間で到着する。その後、ハイフォンからカットバ群島に行くベンビンフェリーに乗れば45分でカットバ群島に到着する。または、都市センターからベトナムの最も長い海峡を横切ってベンゴッフェリーに行く自動車に乗れば約1時間かかる。このルートを選べば、カットバ群島に行く風景を道の上で楽しむことができる。または、クアンニン地域のトゥアンチャウでフェリーに乗ればカットバまで1時間かかる。どんな道を選んでも、カットバ群島の自然と生き生きとした魅力が観光客を魅了するだろう。

地方当局と地域住民は国内外の観光客をカットバ群島に引き込むために、観光商品の品質を管理し、観光支援インフラを強化しようと努力してきた。また、カットバ群島とハイフォンの持続可能な発展のための安全で安心できる観光資源を開発するために、自然にやさしい管理、高品質管理プロジェクトに多くの関心が寄せられている。

同時にカットバ群島を保存する作業も続いている。特に、山林伐採、土地や花畑、狩り、その他不法な林産物の開発を防ぐ作業に特に優先順位を置いている。ベトナムの紳士録と世界の紳士録に収録されているこの地域固有の貴重な動植物を保護する活動も続いている。この地域の主要動植物にはカットバのラングール((ほっそりとしたインド産猿))がいる。ラングールはカットバラングール保存管理委員会およびカットバ国立公園により特別保護対象として管理されている。

今後もカットバ群島生態風景、地域観光する重要役割継続する見込みだ。

2019614外務部 

前へ

タイピン能力観光 (TAIPING ABILITY TOURISM)

次の

2019蔚山造船海洋祭り