TPO NEWS & MEDIA

イベント

タイピン能力観光 (TAIPING ABILITY TOURISM)
作成日 2019.07.22 ヒット 136
タイピン 2019.07.22~2019.07.22 場所TAIPING







 

 

 

マレシアをれる観光客はおそらくパハン、サバ、ムラカ、ランカウイ、プレンティアンなどを最初かべるだろう。しかし、マレシアにはくの観光客らないもうつのれた宝石がある。タイピンは緑が豊かな緑地帯まれた都市で、かな文化記憶遺跡んでいる。観光客なら訪問しなければならない観光地だ。

タイピンが観光地として発展できたのは、タイピン市議会(TMC)の努力によるところが大きい。TMCはタイピンをマレーシアの驚くべき観光地に発展させるのに核心的な役割を果たした。TMCのビジョンは2050年までにタイピンを進歩的で、躍動的で、持続可能で、安全で、繁栄する都市にすることだ。このようなビジョンに基づき、TMCは地域社会の基本的な要求を満たしながらも、遺産と自然を保存するために管轄権内に戦略計画を立てた。

最近、タイピンはベルリンで開かれたドイツベルリン国際観光博覧会(International Tourismus-Börse (ITB))2019持続可能な100大都市賞で世界3大持続可能な都市の一つに選ばれた。この賞は都市の自然生態系を撹乱し得る過剰な観光を避けながらも、都市の持続可能性を維持しようとするTMCの努力を認める賞だ。

タイピンは熱帯雨林、マングローブ林、丘、国際レベルの動物園、歴史的な場所、海などがある恵まれた位置に位置しており、観光客にもアピールできるメリットを持っている。

タイピンはすでに整備された観光名所であるが、TMC連邦政府州政府支援資金支援に、将来たな観光名所開拓し、さらにくの発計画てることを目標としている。現在、TMCはタイピンにマレシア北部のすべての代表する植物園発中だ。Johor植物園南部地域代表し、Terengganu東部地域代表するように、Perak北部地域代表して選ばれた。この植物園使われる基金国立景観部傘下連邦政府によって提供された。

タイピン市議会市長は「タイピンのアイデンティティを維持しようとするTMC戦略により自然およ生態観光地としてのタイピンを作ることができた。細かい企画と民間部門の参加を奨励することによって、毎年タイピンを訪れる観光客の数を押し上げることができ、これはタイピンの経済成長に役立った。その他にも新しい観光商品を開発し、特に若者の訪問率を引き上げられた」と話した。

タイピンの独特な観光商品

この地域発見できる独特自然は、タイピンで国的場所しようとするくの観光客、自然するにとって魅力要因となった。タイピンで魅力的場所つはBukitLarutだ。BukitLarut公共森遺産(PFEPublic Forest Estate)一部であり、動植物種郷だTMCはきれいな環境維持するのに核心的役割たすと同時に、しい感嘆し、ジプにって頂上到達しようとする使用者にランドロ提供する。

かつてPort WeldとしてよくられていたKuala Sepetangかなマングロブのった魅惑的だ。マングロブの鳥類観察、ジャングルトレッキング、野生動物観察、ハイキング、写真撮影、蛍、イルカや海鳥観察など生態活動のためのくの提供する。訪問者医学的特性のある薬草植物ぶこともでき、ここで興味深くて教育的経験ができる。TMC効率的管理のおかげでタイピンは自然と生態対象として成功裏された。

タイピン湖庭園には8つの湖がある。興味深いことに、これらの湖はBukitLarutの丘から出る自然水で満たされている。また、サマネアサマンと呼ばれる樹齢130年のレインツリーが湖を取り囲んでいる。湖の平和で静かな雰囲気は休息とインスピレーション、余暇活動を求める人々の素晴らしい憩いの場となっている。タイピン湖庭園の管理と維持補修はTMCが担当している。

TMCは観光商品をさらに確固たるものにするために、タイピン動物園を広報している。タイピン動物園は動物が自然の生息地で自由に動けるようにしているので、動物を近くで観察することができる。毎年TMC1週間、イベントで満ちたジュムラマ祭りを開催する。この祭りの間、タイピンの新しくて特別な場所を探検する機会を提供し、多くの面白い活動と魅力的な賞を授与するので、多くの訪問客に最も重要な見どころとされている。

タイピン動物園を補完するナイトサファリはマレーシアで類を見ない観光地だ。動物園エリアで夜活動する野生動物をナイトサファリで見ることができる。他の国の動物園と動物を交換することをはじめとして動物園に関するすべての活動はTMCで管理する。このような活動を通じてTMCはより多くの観光客を誘致し、タイピンを主要観光地の一つになるように管理している。

タイピン、持続可能な都市部門最優秀都市3

タイピンは100続可能旅行地たに名を連ねた。最高都市部門ではスロベニアの首都であるリュブリャナとカナダのバンク3になった。

授賞式はITB(ITBInternationale Tourismus-Bӧrseまたはドイツ国際観光市場)201936日に行われた。

タイピンは12月、持続可能な観光のための国際非営利財団であるGreen Destination Foundationが選定した2018持続可能な都市100に名を連ねた。

最高の都市カテゴリー以外にも、この賞には最高の地域社会&文化、アフリカ最高、アジア太平洋最高、ヨーロッパ最高およびアメリカ最高、最高の海辺、最高の生態観光、最高の自然部門がある。

この賞はタイピンの住民と都市の美しさの保存に貢献する人々に献呈され、タイピン内のすべての地域が村の清潔さを維持するために2倍努力する契機になると見られる。

協会で以前受けた他の賞はアジア太平洋都市観光振興委員会の2016最優秀観光地賞、アセアンクリーンの観光都市標準2017、最高の遺産および生態観光カテゴリーのマレーシア観光協議会金賞2017およびマレーシア観光協議会金賞2018がある。 

前へ

「自由な旅行、自由な宿泊」

次の

カットバ群島 ユネスコによって認められた世界生物環境保存地