TPO Newsletter No.147 | 2017-04-28
Korean | English | Chinese | Japanese Subscribe | Archive | Recommend
In this issue :
  • 1. マレーシア文化交流プログラム盛況裏に終了
  • 2. しものせき海峡まつり開催
  • 3. 2017大邱薬令市韓方文化祭開催
  • 4. 中国煙台市、龍泉鎮マクワウリ祭り開催
  • 5. 2017クアラルンプールタワー国際Towerthon大会
  • 6. 釜山「海雲台砂祭り」開催
  • 7. 第21回太平洋国際観光博覧会開催
  • 8. 2017台中媽祖国際フェスティバル
Member & Industry News

1. マレーシア文化交流プログラム盛況裏に終了


駐韓マレーシア大使館とマレーシア観光庁ソウル事務所が主管した「マレーシア文化交流プログラム」が去る3日マレーシア大使官邸で開催された。

このプログラムは韓国の学生を対象に様々なマレーシア文化を広報し、両国間の緊密な文化交流を活性化するために行われた。今回の行事には韓国サンジ小学校6学年の学生および教職員とハンマル学生交流協会が参加した。

Dato’ Ro hana Ramli駐韓マレーシア大使は「文化交流プログラムは韓国の学生がマレーシアの伝統文化と環境を体験できるようにするため」として、「今回の行事を通じて韓国とマレーシアの文化交流がより一層深まることを願う」と感謝の挨拶を伝えた。

マレーシアの人口はマレー系、中国系、インド系など多様な人種で構成されている。特に、マレーシアは英語が広く通用され、旅行地に訪問するにも負担にならないところだ。この日の行事で簡略なマレーシアの紹介が終わった後、参加者はマレーシアの伝統ゲーム、衣装体験、現地の食べ物試食などマレーシアの文化に触れる機会を持った。






2. しものせき海峡まつり開催


「しものせき海峡まつり」は本州と九州の間に位置した関門海峡を舞台に繰り広げられた歴史的戦闘を記念するために開かれる。今年は「しものせき海峡まつり」が5月2日から4日まで下関関門海峡沿岸一帯と巌流島で開催される。

今年32回目を迎えるしものせき海峡まつりは歴史的事実に基づいた日本の情緒がいっぱいの祭りとして知られている。

華やかな着物を着た女性たちが通りをゆっくりと散策する行進パレードと80隻余りの船が繰り広げる海上パレードは、日本の歴史が貴族社会から武士社会に大きく転換する契機になった「壇ノ浦の戦い(1185年)」をモチーフとしている。

また、関門海峡に浮いている巌流島では、コンサートとピクニックを楽しむことができる「巌流島フェスティバル」が開催される。






3. 2017大邱薬令市韓方文化祭開催



2017大邱薬令市韓方文化祭が来る5月3日から7日まで、大邱広域市で開催される。

薬令市韓方文化祭は朝鮮時代の薬令市開場行事を現代的に昇華させ、1978年第1回タルグボル祭り行事の一環として始まった。この行事は毎年5月初め大邱中区薬令市薬廛通り一帯で開催され、都市民の健康に対する好奇心を伝統韓医薬と薬草で解消させてくれる。

大邱の多様な文化観光資源と韓薬関連行事が交わった大邱薬令市韓方文化祭は、2001年から文化観光祭りに指定され、韓方文化の真髄を国内外に広く知らせる代表的な韓医薬祭りに定着した。

祭りには開幕式および祝賀公演とテーマ公演「許浚が笑った」だけでなく、薬令フリンジ公演、韓方探求生活および競売、韓国伝統婚礼試演、テラス音楽会&メディアアート、伝承技芸授賞式&閉幕式などの多彩な公演と試演プログラムで構成されている。

祭りの詳細案内と大邱観光情報は祭りホームページwww.herbfestival.orgで確認できる。






4. 中国煙台市、龍泉鎮マクワウリ祭り開催


中国煙台市、龍泉鎮マクワウリ祭りが来る5月から7月まで開かれる。煙台市龍泉鎮のマクワウリ栽培の歴史は20年余りになる。祭り期間にこの地域を訪れる観光客はおいしいマクワウリ狩り体験ができるだけでなく、この地域で特化した農村風習を経験することができる。

祭り期間に観光客のための様々な民俗公演が行われる。観光客は農村の在来市場、グルメ通り、喫茶店、農業展示館、ミニ動物園などでレジャーを楽しむことができる。また、観光客のために現地の土産品と手工芸品も準備される。

美しい景色を鑑賞し、香しい果物を食べながら楽しい祭りを満喫したいなら煙台龍泉鎮をお薦めする。






5. 2017クアラルンプールタワー国際Towerthon大会


今年5回目を迎える2017クアラルンプールタワー国際Towerthonが5月14日の日の出の時間に合わせてクアラルンプールKLタワーで開催される予定だ。この大会は1998年初めて開催されて以来、マレーシア観光庁が公認して後援する行事に選ばれ続けてその重要性が認められた。

階段上り競走であるTowerthonは国内外のスポーツマニアから大きな人気を得て、老若男女を問わず多くの人々が約1kmの登り坂の道を走り、2058個の階段を上って地上283mの最上階に達する試合に挑戦する。

行事主催側関係者によれば、大会の優勝者に優勝賞金が与えられるだけでなく、大会の真の魅力は参加者が走りながら、KLの気ぜわしい都市景観を背景に浮び上がる日の出を見ることができるということだ。






6. 釜山「海雲台砂祭り」開催



世界で唯一砂を素材にした環境にやさしいテーマ祭りである「海雲台砂祭り」が来る5月26日から29日まで4日間、海雲台海水浴場白砂浜一帯で派手に開かれる。

去る2005年、APEC中小企業長官会議の成功開催祈願記念行事プログラムとして始めた「海雲台砂祭り」は、毎年祭りのコンセプトを決めてテーマに合った砂彫刻作品とプログラムで構成され、毎年砂祭りを訪れる観覧客に多様で異色の楽しさを提供する。

世界最高レベル作家の砂彫刻作品を海雲台海水浴場特有の広くて長い白砂浜の上に展示した砂彫刻展、白砂浜をキャンパスとして制作した砂彫刻作品とこれに挑戦して実力を発揮する挑戦! 私も砂作家、砂の上で楽しむ刺激的なソリ乗り、冒険をするように楽しむ砂探険迷路、ATVライドなど多彩な観覧客参加プログラムで構成され、五感を満足させる。

海雲台砂祭りは人と自然が疎通して世界の人々が参加する真の交流と疎通の祭りだ。子供たちには冒険と想像で満たして夢と希望を、大人たちには子供のころ跳び回った白砂浜での思い出を届ける。また、周辺には夜景が美しいマリンシティ、新鮮な海産物を味わうことができる三浦、ほのかな月光の下で散歩するのに良い月見道などがあり、海雲台を観光する面白味を存分に感じることができる。






7. 第21回太平洋国際観光博覧会開催


第21回太平洋国際観光博覧会が来る5月18日から21日まで3日間ロシアのウラジオストク極東連邦大学で開催される。

太平洋国際観光博覧会は観光産業で広く知られた行事で、多くの業界専門家や旅行が好きで他国の文化についてさらに多く知ろうとする人々が訪れる。博覧会期間の間、様々なビジネスミーティングとフォーラムおよびカンファレンスが開催され、ロシア国内外のレクリエーション産業のための色々なアイデアが提示されるだけでなく、新しい観光プロジェクトとインフラが公開される。






8. 2017台中媽祖国際フェスティバル



台湾の台中、彰化、雲林地域の宮廷および寺院一帯で開催されている2017台中媽祖国際フェスティバルは来る5月末まで行われる。

台湾の媽祖信仰はその由来が深い。媽祖は同情心、純粋さ、超自然的能力で代弁される海の女神であり、四面が海で囲まれた島国である台湾の人々が民間信仰のうち最も好むと称賛する女神だ。

媽祖フェスティバルは海の女神「媽祖」の誕生日(3月23日)を記念するために開催される。このフェスティバルで媽祖女神の宗教衣服および装身具の展示、ストリート音楽公演、手工芸ショー、獅子舞、舞龍、原住民歌舞公演などが続く。

台湾の人は宗教聖地で香を焚くことを重要に考えるが、毎年陰暦3月、台中の大甲媽祖で香を焚いて参拝するのは最も盛大な伝統宗教文化活動だ。

毎年行事開催日が異なり、その年の元宵節に大甲鎮瀾宮代表がポエを投げて日を決める。7泊8日間香を焚き、伝統に従って決まった順序、場所、時間に合わせて儀礼を挙行する。

2017年行事ホームページ:http://www.mazuevent.com/index.html






TPO E-Newsletterを通じる会員都市観光広報

TPO E-Newsletterは会員都市たちの観光産業広報を目的に発刊されています。TPO 事務局では会員都市の最新観光ニュースと係わって会員都市の情報提供を受けています。報道しようとするニュースがあれば負担のなく TPO 事務局で送ってください。協助に感謝いたします。

1. 情報提供内容
最新観光関連情報 (下の例示参照):
□ 観光キャンペーン
□ 観光計画案·政策
□ 観光商品
□ 観光交流プログラム
□ 観光イベント
□ 観光協力
□ 観光成果及び業績
□ その他

2. 言語選択
□ 日本語 或は □ 英語

3. 届け先
☞ secretariat@aptpo.org
Unsubscribe | Change Email Addres
TPO Secretariat, 8th Floor of Kolong Building, No.480 Suyeong-ro, Suyeong-gu, Busan 48314, Korea
Tel: 82 51 502 2984~7 Fax: 82 51 502 1968
Copyright (C)Tourism Promotion Organization for Asia Pacific Cities all rights reserved.